ブログトップ

なつめやし日記

らぱらぱ

ここ数日イスタンブルは雪です。大雪。
学校は雪休みだって。

大雪ですが、用事があったのでチャルシュ(バザール)へでかけてきました。
こんな日でもドルムシュ(ミニバス)混んでたっ

a0293767_542075.jpg

トルコ人は雪の日に傘ささないな~。
ほんと大雪だったので傘を持っていきたかったけど、主人に止められました。
郷に入ってはなんとやら、ってことね。

a0293767_5502157.jpg

あ、傘さしてる人いる!
今日はみーんな写真撮りまくっていたので、わたしもひたすら撮っちゃった♥

用事があってせっかく来たのに、雪のため開いてなかった・・(´・ω・`)
というわけでカフェへ行くことに。
お気に入りのカフェで、3日前も義妹と行ってきたんだけど。
冬に美味しいキュネフェ(Künefe)を注文。

a0293767_621289.jpg


キュネフェきた瞬間に食べちゃったので、写真撮れず。これは以前食べたときの。
トルコのキュネフェはカダイフの中にチーズが入ってて、上からシロップがたっぷりなの。
キュネフェはアラブだとクナーファ(كنافة)とかコナーファっていうよね。
場所によって見た目も味も違ったりまったく違ったりする。
食文化も興味深いなぁ・・追求はしないけど。

a0293767_6152435.jpg


しんしんと降りつもる雪を眺めるのが好き。とっても綺麗。
Lapa lapa Kar Yağıyor
トルコ語では雪がらぱらぱ降るって表現らしい♡
気に入ったったっ

らぱらぱ~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ イスラム教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by warda | 2017-01-10 06:39 | トルコお出かけ

ユスキュダルのカフェ

イスタンブル寒いです~すっっっごく寒い!
雨ばかりだけど雪もちらほら。

友人とおでかけしてきました。
この日は暴風雨
家から駅までの数分の間に傘は壊れ、肩に巻いてるストールを水たまりに落としてテンション下がりつつもメトロに乗る。

Üsküdar(ユスキュダル)のMihrimah Sultan Camii(ミフリマースルタンジャーミィ)で待ち合わせ。
このジャーミィの庭は待ち合わせに最適なのですが、この日はジャーミイの中で待つ。

a0293767_214223100.jpg


友人を待ってる間に写真を撮ってみた。
ジャーミイ(マスジド/モスク)ってほんと落ち着く~。
友人Sと合流した後は彼女おすすめのカフェへ向かったけれど暴風雨のため開店時間が遅れるとのことで、隣の姉妹カフェに行く。

Aşiyan Kitap Kahve
ミフリマージャーミーのすぐ近く。

a0293767_222961.jpg

いろんな飲み物があってすごく迷ったけどSおすすめのコーヒー
Menengiç kahvesi(メネンギッチ コーヒー)を注文。
まず、この見た目~かーわーいーいーー!
カップもかわいいし、水だけでなくシャルベット(甘い飲み物)もついてきた。
初めてメネンギッチコーヒーを飲んで、めっちゃ感激♥
何、このおいしさ・・。
友人曰く、ピスタチオみたいなののなんとかとか、カフェインないんだとか。
よくわかんないけど、とにかくおいしかったー!後で詳しく調べようっと。
わたしがもしトリコなら・・・って定期的に考えてるんだけど、メネンギッチコーヒーを飲み物部門暫定1位にしようかな、と。ちなみに今まで1位だったのは冷たいカルカデー(ハイビスカスティー)でした。久々更新。パチパチ

コーヒーの後にチャイを飲みたかったのだけど、このカフェ寒かったので、別のカフェに移動。
しかし、ここも寒く、チャイの濃さ、新鮮さ等、友人は気に入らなかったようでがんがん言う・・。
彼女ドイツ育ちだからか、元からの性格からなのか誰にでもとにかくはっきり言う。
こういうとこ、かなり好き。彼女どこにいても誰といても変わらないのがほんと魅力的。

早々に別のカフェへ。
最初に行きたかったカフェ。
Payedar kahve
入店する前にSが「カフェの中きちんと暖かい?チャイは新鮮よね?」としっかり確認。笑。

a0293767_22302333.jpg

暖かい~。あとこのカフェもとっても素敵。
ここ数年、ユスキュダルではオスマン朝のカフェがはやってるんだって。

友人はPayedarとAşiyanにはもう100回は来てるらしい。
多分リアルにほんとだと思う。

a0293767_22335517.jpg

ここではスイーツを注文。メニューを見ず、店員さんの説明で決める。
手前がわたしチョイスの果物入りムハッレビで奥は友人チョイスのAşiyanスペシャルケーキ
とってもおいしかった。ざくろとかも入ってた~
チャイも新鮮。笑。


a0293767_22331056.jpg


雨のミヒリマージャーミーを眺めながら、楽しいひとときを過ごしました。
アルハムドリッラー♡


にほんブログ村 哲学・思想ブログ イスラム教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by warda | 2017-01-02 21:45 | トルコお出かけ

トルコ語のコースに通っています。
すっごく楽しい♡
昨年は別の場所で4か月間初心者コースに通って、そこもよかったんだけど、
ここはもっと好き~~~~♡

場所はデルネキです。(デルネキとは?クリック→
ま、Assosiationのことね。
イスラームを重視している教育文化センターみたいな感じかな。
トルコ語のほかにクルアーン解釈のクラス等々もあるし、あとはいろんなドクトーラの講演会・勉強会とか。
世界中で苦しんでいる同胞のための活動もしている。

トルコ語の先生が素晴らしい。
オスマン語を修士で勉強している方で、トルコ語もとっても上品なトルコ語を使う。
オスマン語勉強してる人ってやっぱりトルコ語も詳しいのかな??
前にわたしに教えてくれてたトルコ語の先生もオスマン語専攻だった。あと、わたしの友達で、オスマン語の博士課程で勉強してるのだけど、彼女もトメルでトルコ語を教えてるらしい。
先生は語学の先生だけあってやはり言語が好きなんだと思う。アラビア語もくわしい。もちろん英語も。
そしてそして!先生は大学時代に日本語も勉強したので日本語がちょっとわかる!
(主人と義妹と同じ大学出身の先生なので、日本語の先生は同じだったそう。→
日本語と中国語の違い、とかもさらっと説明できるの、マーシャーアッラー。
だから私たちのトルコ語の間違えを理解できるし的確になおしてくれる。
先生はいつもにこにこ授業もたのしーい、けど時々目の奥がこわいときもあるー。((;゚Д゚))
先生と生徒って感じでこれもいい感じ。

クラスメイトはわたし以外はシリア人
シャームとかアレッポとか、シリアの各地からトルコへ来た人たち。
優しくて真面目な人がとっても多い!アルハムドリッラー
シリア人がもっと好きになっちゃったよ。

授業よりも休憩時間(teneffüs)が楽しい。えへへ
豊かな気持ちって環境よりも人間関係ではないか、とつくづく思うよ・・。アルハムドリッラー。

a0293767_1521246.jpg


休憩室はこんな感じ。みんなが来ないうちにささっと撮った!

a0293767_15114.jpg


チャイ(紅茶)を飲みながら友達とゆっくり談笑してます。
みんなで談笑というよりやはりグループになんとなーく分かれるかな。
でも雰囲気はとってもいいです。
チャイは飲み放題、アルハムドリッラー!!!
シリア人もチャイに砂糖たっぷりいれるんだね。

クラスメイトの何人かはちっちゃい子供も連れてきている。
以前通っていたコースでは子供連れ禁止だったので、ここはのびのびしてていいなー。
でもやっぱり子供達はわんぱくで、すっっっごく大暴れ。
デルネキのスタッフが
「もーーーー、注意してるのにこの子達トルコ語通じないわっ。ほんとアラブ人の子はわんぱくなんだから!!」
と息を切らして困ってた(プチきれしてた)けど、トルコの子供だって同じようなもんだと思う。
相当わんぱくよ。(;^◇^)ノ

授業は週2で12時から16時まで
1限が初心者向けで、2限がまー中間あたりで、3限は上級者クラス(主に会話)
わたしは2限から出席しているけれど、1限もかなりしっかり教えてるのでそのうち1限から出てみたいって思ってます。

週2の授業っていうと、えっそれだけしか勉強しないの?毎日じゃないの?と言われるけど、
わたしにとってトルコではトルコ語学習のモチベーションを保つのが大事で、その意味ではいい感覚だし、ほかにもやりたいことやらなきゃなことがあるのでちょうどよいと思う。独学でもできるし。
トルコに住んでいるので、トルコ語のシャワーはあびているし。(*ノ∀`*)
最近はこんなゆるい感覚。。アラビア語を勉強してた頃のわたしが、今のわたしを見たらめっちゃ驚くかも。全然ちがーう。

3限の会話の授業は家でニュースを観てきて、それについて話す、というのが最近のテーマだったのだけど、クラスメイトのほとんどがニュースを観るのがつらくてできないと訴えてた。。。トルコでは最近アレッポの状況とかかなりの頻度で流れているので・・
しかし先生曰く、ニュースでは美しいトルコ語を使うのでなるべく観るべきだ、と。
ただ、心情は深く理解できるため、会話のテーマは、シリア、テロ、爆弾 等は禁止、その話題は避けることになりました。
トルコにいるとニュースからはもちろん、シリア人達からもシリアのことをいろいろ聞くので、同胞として人間として本当に胸が痛くなる。何かしたいのに何もできない自分がはずかしい。
前から多かったけれど最近のトルコ、もっともっとシリア人が増えた。

前回からはエジプト人女性もクラスに仲間入りっ Hoşgeldin
あれ?全員シリア人のはずなのに、なんだか違う雰囲気、、あとボネ(ヒジャーブの下のアンダー帽)の感じがえじっぽい?って思ってたらやっぱマスレイヤ(エジプト人女性)だったー。
アレキサンドリア出身で4年前にトルコに来たそう。
興奮してアレクサンドリアは海も空気もきれいだし、魚とかえびの揚げたやつ最高においしいよね!とかエジプトのコシャリは最高においしいよね!と話しかけてしまった。
彼女はコシャリ作るのすんごく得意だそうで今度作ってあげる!と言われたので、
機会がもしあったらお言葉にぜーったい甘えたい!インシャーアッラー

休憩のときにお祈りに行くと、広めのマスジドがクラスメイトでいっぱいになるのがうれしい。

a0293767_35126.jpg

この間デルネキでこれ見つけた。
いろいろな言語でI LOVE YOUが書かれてる。
日本語もはっけーーーーん♡

では。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ イスラム教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by warda | 2016-12-30 21:47 | トルコ語クラス